0123456789
list icon
list icon

monologueの新サウンド・ライブラリー「Beats and Loops」をリリース

monologueの新しいライブラリー・セット「monologue Sound Packs vol. 3: Beats and Loops」をリリースしました。

 

 


このライブラリー・セットは他のセットとは異なり、ドラムやパーカッションのループに特化しています(それなので、「ループ・パック」と呼ぶべきかもしれません)。

monologueの16ステップ・モノフォニック・シーケンサーは、ドラム・マシンとしても使用することができます。モノフォニックのシンセサイザーをこのように使用すると、通常のドラム・マシンでは得られない刺激的でユニークなサウンドやリズム・パターンを作ることができます。 もちろん、このライブラリーのどのプログラムも鍵盤で演奏ことができますが、シーケンサーを使用すると様々な可能性の扉が開きます。それぞれのプログラムは即戦力として使用できるループとなります。 モジュレーション・レバーでサウンドが効果的に変化するようにデザインされていますが、他のパラメーターをコントロールすると更に表現の幅が広がります。 シーケンサーの任意のステップをオン/オフしたり、モーション・シーケンスを調整したり、記録されているノートを変更したりしても、とても効果的です。(ただし、プログラムの一部はBPMにシンクされているLFOがありますので、プログラムを変更してからシーケンサーの再スタートが必要な場合があります)また、monologueをDAW等に接続している場合は、DAW側でコンプレッサー、サチュレーション、ディレイ、リバーブ等を加えると更に効果的でオススメです!

「Beats and Loops」は、そのまま使用してもコントローラーで変化させても満足していただけるサウンド・ライブラリーです。是非、あなたのライブラリーに加えてください。

OscillatorSink

OscillatorSinkは、monologueやvolca FMなど、さまざまなシンセサイザーの解説動画を制作しているシンセサイザーの愛好家です。解説動画以外には「Synthmata」というvolca FMウエブ・ブラウザ系エディター( https://synthmata.com/volca-fm)等、いろいろなツールやサウンド・ライブラリーも制作しています。 解説動画はOscillatorSinkのYoutubeチャンネルに掲載されています、是非ご覧ください ( https://youtube.com/OscillatorSink)。