0123456789
list icon
list icon

volca sampleの新サンプル・セット「Da Sunlounge Vol:1 & Vol:2」をリリース

Da Sunlounge - Vol:1 & Vol:2 for volca sample

Da Sunloungeのスタジオから沢山のアナログ・ヴィンテージ・シンセとドラム・マシンから合計200のサンプルと20のシーケンスが制作されました。 これらは象徴的な12ビット・サンプラー、高級テープ・マシンやアナログ・デスクを介して処理されていて、よりクラシックなハウスやディープ/テックハウスのバイブに向かっています。また、これらのサンプルはDa Sunloungeが制作した楽曲の中でも聴くことができますが、様々なヒップホップやダウンテンポのトラックにもぴったりとマッチします。

バイオグラフィー
Da Sunloungeは、20年以上前にUKのミッドランドを拠点にディープハウス・シーンでDJを始めました。そして彼はTraveling Without Moving Nightで成功を収め、Terry Francis, Clive Henry (Peace Division), Andy Wetherall, Rob Mello, Atjazz, Digs’n’Woosh, Rocky, Elliot Eastwick, Fred Everything, A Man Called Adam, House of 909, the DIY DJ’s plusなど多数のアーティストと何度も共演しました。
2000年、彼は最初のダブ・プレートを制作しました。そのゲストDJであったClive Henry (Peace Division) も、すぐに彼の所属するレーベルLow Pressingsと契約をしました。
その年の後半、Da SunloungeはLow Pressingsレーベルで2回目のリリースを行い、それはDanny Ramplingによってイビサ島で行われたBBC Radio 1ショーのライブで公開されました。
その後すぐにカナダのレーベル83 Westによってヘッドハンティングされ、サブレーベルであるCamouflage RecordingからH-Foundation、DJ Sneak、Peace Division、Gene Farris、Stacy Kidd、DJ Raoulなどのアーティストと共にリリースされました。
彼はキャリアが進むにつれて、Casual、King Street、Defected、Mother Recordings、2020 Vision、OM、Salted Music、Outcross、Mood II Swing、Crazy P&Roland Clarkなどのリミックスアーティスト、最近ではMiguel Campbell & Sonny Foderaと一緒に多数のレーベルからリリースされました、。そして彼はMixmagの表紙を飾ったり、彼の音楽はFabric、Defected、Ministry of Sound、Mn2S、NRK、He’d KandiによるコンピレーションCDにも流れ込みました。
2001年には自身のレーベルMyna Musicが立ち上げられ、幅広い支持を獲得しました。そして、世界中のDJが参加しているRadio 1などの主要なラジオ局でもプレイを取り上げられています。 Myna Musicレーベルは長年にわたり力強い存在であり、2016年には60以上のバック・カタログを持ち15周年を迎えました。
2005年に彼は2番目のレーベルBambino Recordingsを立ち上げました。 そして、2008年にはAndy Riley(Inland Knights)と力を合わせてBorrowed Musicレーベルを立ち上げました。 Da Sunloungeのプロダクションの成功は、その後国際的DJとして多忙を極めることになりました。
2019年には、Da SunloungeはBeatport&Traxsourceのトップ・チャートを保持、Traxsourceのトップ100アーティストと2015/2016/2017/2018のベストセラー・トラックで地位を獲得しています。 Da Sunloungeは、元々の長年にわたるディープなアンダーグラウンド・ハウス・プロデューサーの1人として、新しいサウンド・プロダクション・プロジェクトをポートフォリオに追加することで、力を強化し続けています。