0123456789
list icon
list icon

AudioGateとDS-DACドライバー最新版をリリース。DS-DACシリーズがMac OS X 10.10(Yosemite)に対応しました。

Macユーザーのみなさま、お待たせして申し訳ありませんでした。DS-DACシリーズのソフトウェア「AudioGate」「DS-DAC Driver」の最新バージョンをリリースし、Mac OS X 10.10(Yosemite)に対応いたしました。

2つのソフトは「AudioGate and DS-DAC Setup」に含まれますので、このニュースの一番下のボタンからダウンロードした後、その上の「バージョン・アップの方法」に従って、それぞれインストールしてください。

なお「DS-DAC Driver」には既知の不具合があり、今回はMac OS X 10.10対応「β版」としてリリースします。そのためβ版のご使用については予め以下の点をご留意の上、アップデートをお願いいたします。不具合が解消次第、正式版をリリースする予定ですが、こちらはもうしばらくお待ちください。

DS-DAC Driver v1.0.6の既知の不具合
(1)コントロールパネルのv1.0.6をインストールする前に、v1.0.5を削除する必要がある。
→下記「バージョン・アップの方法」の"2"の項をご参照ください。

(2)Mac OS X 10.9.5以上に対応。
→10.8.5以前のMac OSを搭載したコンピューターにはインストールできません。

(3)インストール直後にiTunesを使用したときに、まれに音が出ないことがある。
→AudioGateを起動しお望みのサンプリング周波数に設定するか、Audio MIDI設定を起動して44.1〜192kHzに設定してください。

(4)Haswell CPUを使用した2013 mid以降のモデルのMacに未対応。
→正式バージョン・アップ版のリリースまでしばらくお待ちください。


AudioGate v3.0.3リリース・ノート
■ v3.0.2からv3.0.3での追加および改善/修正事項
- OS X 10.10(Yosemite)の動作をサポート。
- OS X 10.10(Yosemite)でKORG DS-DACのPCM/DSD切り替えが正常に動作しない問題を修正。
- OS X 10.6(Snow Leopard)、OS X 10.7(Lion)のサポートを終了。

DS-DAC Driver v1.0.6リリース・ノート
■ v1.0.5からv1.0.6での追加および改善/修正事項
 - OS X 10.10(Yosemite)に対応:
  Yosemiteにバージョン・アップするとDS-DACがOSに認識されなくなる不具合を修正しました。
 - DS-DAC Driverのアンインストーラーを追加:
  DS-DAC Driverを削除する必要があるときはDS-DAC Driver Uninstallerを実行してください。

バージョン・アップの方法
1. ダウンロードした dmg ファイルを展開します。
2. Uninstallerフォルダ内の”DS-DAC Driver Uninstaller"を実行するか、Finderからアプリケーション>KORGフォルダを開き、"USB Audio Device"フォルダを削除してください。
3. Setupプログラムを実行してAudioGateをインストールしてください。
4. SetupからDS-DAC Driverのインストールを行ってください。インストール後に再起動が必要になります。

※インストールがうまく行かない場合は"DS-DAC Driver Uninstaller” を実行してから再度インストールを行ってください。
※展開したデータには各DS-DACシリーズの取扱説明書が含まれ、Setupから呼び出すことができます。製品に付属の取扱説明書とともにご参照ください。

※今回のバージョンはMac OS X 10.10での不具合に対応したもので、Windowsユーザーの方はそのままお使いいただけます。

AudioGate and DS-DAC Setup
Mac OS X10.10(Yosemite)対応β版ダウンロード