0123456789
list icon
list icon

KRONOSに3つのアップデートのお知らせ。

KRONOS Editor/Plug-in Editor3.0.0

KRONOSエディター/プラグイン・エディター3.0.0

KRONOSエディター/プラグイン・エディター3.0.0は、KRONOSソフトウェア・バージョン 3.0.3またはそれ以上で使用できます。

KRONOSエディターとKRONOSプラグイン・エディターは、MacおよびWindows用のアプリケーションで、これを使用することによりKRONOSのセット・リスト、コンビネーション、プログラム、ウェーブ・シーケンス、ドラムキットのエディットや、Globalモードの設定を行えます。また、Sequencerモードで使用するサウンドやエフェクトのエディットも可能です(ソングのMIDIイベント、オーディオの編集機能はサポートしていません)。

・KRONOSエディターは、スタンドアローンのエディター/ ライブラリアンです。
・KRONOSプラグイン・エディターはVST およびAU オーディオ・プラグイン・フォーマットに対応するDAW(デジタル・オーディオ・ワークステーション) やその他のアプリケーションで使用できます。

バージョン3.0.0での新機能
・KRONOSシステム・バージョン3.0に対応。新開発SGX-2、ビンテージ・エフェクトの追加、セット・リストの機能拡張、グローバル・モードの新規パラメータの追加、プログラムINTバンクのバンク・タイプ(HD-1またはEXi)設定機能、コンビネーションやソングからプログラムがエディットできる機能など多数の新機能が追加されました。KRONOSエディター・バージョン3.0ではこれらの新機能、新パラメーターをサポートします。

KRONOSエディターおよびプラグイン・エディター 3.0.0は、下記リンクより無償ダウンロードすることができます。

KRONOSシステム・バージョン3.0.3

KRONOSソフトウェア・バージョン3.0.3では、KRONOSエディターおよびプラグイン・エディター3.0の対応、KRONOS/KRONOS Xのサウンド・ファイルのファクトリー・プログラム自動リマップ機能、セット・リスト・モードのスロット・トランスポーズ表示などの新機能を追加しました。

また、これらの新機能に加えて、さまざまな動作改善や精度向上を行っています。全てのKRONOS、KRONOS X、New KRONOSに対して、アップデートすることができます。どのソフトウェア・バージョンからも、バージョン3.0.3へのアップデートが可能です。

KRONOSシステム・バーション3.0.3は、下記リンクより無償ダウンロードすることができます。

New KRONOSサブ・システム・ファームウェア・バージョン1.08

New KRONOS (KRONOS 2)のサブ・システム・ファームウェアを最新バージョンにアップデートをします。

ノート
Sub-System Version 1.08 (V01R08)は、New KRONOS (KRONOS 2)にのみご使用になります。KRONOS、KRONOS Xにはご使用になれません。

変更点
・USB MIDIでダンプ・データの送受信やUSBオーディオの使用中に、非常に稀にオーディオにノイズが混入する場合がある不具合を修正。
・通常操作時に、非常に稀に次のメッセージが表示され動作が不正となる場合がある不具合を修正。"A problem has been detected, which may have been caused by cycling power too quickly.

New KRONOS サブ・システム ファームウェア バージョン 1.08は、下記リンクより無償ダウンロードすることができます。

Share