0123456789
list icon
list icon

volca modular volca modular

SoundCloud

Share

シンセの原点である「音作り」を学び、愉しむ。
セミ・モジュラー・アナログ・シンセサイザー。

世の中にはない新しい音を作り出す。電子楽器誕生から続く見果てぬ夢は、楽曲制作のために変化して行ったシンセサイザーの潮流とは別のところで、脈々と受け継がれてきました。

そして今、世界中で高まっているモジュラー・シンセ人気はその別の流れ、いわゆる「ウェスト・コースト・スタイル」のシンセシスをも巻き込んで、大きなムーブメントを巻き起こしています。

コンパクトなvolcaのボディに8つのモジュール、50のパッチ・ポイントを装備。モジュラー・シンセの基礎を学びながら、ひと味違うアナログ・サウンドを、進化したvolcaシーケンサーで操る。この一台でシンセサイザーの持つ無限の可能性を探究しましょう。

volca modular - Introduction Movie

様々なモジュラーで構成されたアナログ・シンセ。

8つのモジュール。

volca modularは、それぞれが独立したアナログ・シンセ・モジュールと、デジタル・エフェクト、シーケンサーで構成されたセミ・モジュラー・タイプのシンセサイザーです。スタンド・アローンで完結すべく厳選された各モジュールは、付属のピン・ケーブルをつながなくても音が出るように内部接続されており、そのルートはパネル上に白いラインで記されています。ピン・ケーブルによりモジュールをつなぐとその設定が優先され、内部接続がパスされる構造になっています。

SOURCE:

キャリアとモジュレーターによるトライアングルVCOで構成。FM変調による複雑な倍音は、ウェーブ・フォルダー回路を経由することでさらに倍音を加え、独特なサウンドを生み出します。キャラクターを決定付ける重要なモジュール。

FUNCTIONS:

2系統のファンクション(エンベロープ)・ジェネレーターで構成。アタック、ホールド、リリース式のAHRジェネレーターに加え、スロープ・ジェネレーターとして知られるRise-Fallジェネレーターは、サウンドに時間的変化を与えるだけでなく、end triggerアウトをtriggerインにパッチしループさせることで、VCOやLFOとしても使用可能です。
 

WOGGLE:

ピンク・ノイズをソースにしたサンプル&ホールド回路で構成されるランダム・シグナル・ジェネレーター。steppedとsmoothの2種のアウトが用意され、階段状あるいは滑らかなランダム・ノイズを出力。

SPLIT:

1つの入力を2つの出力に分配するモジュール。逆方向に使用することも可能で、2つのコントロールもしくはオーディオ信号を1つにまとめることもできます。
 

DUAL LPG:

2系統のローパス・ゲート回路で構成。ウェスト・コースト・タイプの特徴であるフィルターとアンプが一緒になったモジュールで、サウンドの明るさと音量が一緒に変化します。

UTILITY:

2つの信号を様々な方法で結合するミキシング・スケーリング・モジュール。オーディオ信号だけでなくコントロール信号もミックス可能。
 

SPACE OUT:

オーディオ信号に空間系エフェクトを付加するステレオ・モジュール。

SEQUENCES:

内部シーケンサーに接続するためのモジュール。テンポの設定や、ゲート・カウンターによる周期違いの出力を選ぶことができます。

リファレンス・シート(付属)

 

ウェスト・コースト・スタイルとvolcaの融合。

三角波、矩形波などシンプルなオシレーターを、フィルターによって変化させるアナログ・シンセサイザーは、アメリカの代表的なメーカーの拠点があったことから「イースト・コースト・スタイル」と呼ばれています。MS-20などにも代表されるこのスタイルのシンセは、演奏のために鍵盤を採用するなど主に音楽に使うことを目的とした進化を遂げました。切れの良いフィルター、太く存在感のあるサウンドは様々な名曲の中で聴くことができます。

このような音楽的な進化とは異なる方向に、独自の進化を遂げたのが「ウェスト・コースト・スタイル」と呼ばれるシンセサイザーです。電子楽器本来の自由な音を追求し、FM変調などによる倍音の多いオシレーターをベースに、ランダムかつ複雑なコントロール信号やローパス・ゲート回路によって音色/音量に変化を与え、ツマミをちょっと動かしただけで大きく音が変わります。その可能性は評価される一方で、でき上がる音色やその変化が予測しづらいことから、実験的であり音楽には適さないと言う声もありました。

そのようなこともあって、このスタイルを採用するハード製品は数が限られていましたが、近年のユーロラックに代表されるモジュラー・シンセ人気や、DAWプラグインによって蘇った隠れた名機の再評価に端を発する「面白いサウンドは全て取り込んでしまおう」という全世界的なムーブメントによって再び脚光を浴び、このスタイルならではのサウンドが改めて見直されてきました。

アナログからスタートし、FMやPCMまであらゆる要素を柔軟に取り込んできたvolcaシリーズもこの流れをずっと注視してきました。そして今、満を持してこの個性的な「ウェスト・コースト・スタイル」サウンドをシリーズに加えました。

パッチングで広がる無限の可能性。

それぞれのモジュールは付属のピン・ケーブルによって接続し、様々に組み合わせることが可能です。コンパクトな筐体にパッチ・ポイントを50箇所も設置。インプットとアウトプットがひと目でわかるよう色分けしてあり、信号もオーディオ、コントロール、ゲート、トリガーと目印で区別されています。通常、各信号はその用途別に接続しますが、volca modularでは信号レベルに互換性を持たせており、常識を超えた新たなパッチングが生まれる可能性も秘めています。ピン・ケーブルは20本付属し、各パッチ・ポイントの説明や基本的なパッチ例を記載したリファレンス・シートも同梱。
 

主なパッチの例:

 

1.Western Bongo

FM変調とウェーブ・フォルダーによる金属的なパーカッション・サウンド。SOURCEモジュールの基本的な音色です。

2.Random Release

AHDジェネレーターのリリース・タイムを、サンプル&ホールドでランダムに変化させ、シーケンスに有機的なリズムを与えます。

3.Gate Math

周期の違うゲート・カウンターを減算でミックスします。UTILITYノブでのミックス具合により、音色変化のリズムが変化していきます。

4.Polyrhythmic Duo

FMモジュレーターを三角波のオーディオとして取り出し、キャリアとは別系統のファンクション、ローパス・ゲートを介することで、2種類のフレーズがポリリズミックに重なります。

5.Generative

Rise-FallジェネレーターをループさせてLFOにし、ピッチとカットオフを変調します。LFOの速度自体も不規則に変調することで、さまざまな音色が生成されます。

6.Walking Bass

音程を下げた三角波を、ゲート・カウンターから低頻度で鳴らします。すると、メインのシーケンスに対して、4ステップに1度だけベースが重なって鳴ります。

7.Vibrato

三角波の音程をLFOで小さく揺らし、ソロ・ストリングスのような丸いリードを弾けます。

8.Dubstep Bass

LFOでローパス・ゲートのカットオフを変調し、動きのあるFMベースを鳴らします。低い音程ほどLFOが遅くなるよう、UTILITYとSPLITを活用します。

実験的サウンドを音楽に昇華させるvolcaシーケンサー。



パラメーターをオートメーション可能な16ステップ・シーケンサー。

volca modularはセミ・モジュラー・シンセでありながら、多彩な機能を持つ本格的な16ステップ・シーケンサーを装備し、スタンド・アローンで自動演奏を楽しめます。 volcaシリーズでおなじみの16個のボタンを使ったステップ入力や、そのボタンを鍵盤として演奏することによるリアルタイム・レコーディングに対応。複数のシーケンス・パターンを連続して再生させるパターン・チェイン機能は、32や64、さらには256ステップまで、最大16個のシーケンスを繋げて壮大な展開を構築することができます。

ツマミの動きを記憶できるモーション・シーケンス機能は、サウンドに時間的な変化を与えることが可能。ループの作り込みのほか、ライブにおいてオリジナリティ溢れるプレイを発揮できます。またシーケンス・パターンと音色は、最大16個まで本体に保存することができます。

また、任意のステップを飛ばして再生できるアクティブ・ステップ機能も搭載。後半をパスしてショート・ループで回したり、変拍子をポリリズム的に使用したり、とかく単調に陥りがちなシーケンス・パターンをリアルタイムにエディットしてダイナミックなパフォーマンスを実現します。

偶発的なアイデアを生み出すランダマイズ機能。

volca modularのシーケンサーはノート、アクティブ・ステップ、マイクロ・チューニングに対してのランダマイズが設定可能。自分ではなかなか思いつかないイレギュラーなフレーズ、リズム、スケーリングによる偶発的な要素を加えることで、volcaから未知のアイデアを引き出すことができます。

シーケンス再生に新たに2つのモードを追加。

ステップを往復するバウンス・シーケンス・モード、ランダムに前後しながら徐々に進んでいくストカスティック・シーケンス・モードの2つのシーケンス・モードを搭載。記録したシーケンスを違った形で再生することで、楽曲やパフォーマンスに大きな変化を与えます。

音楽的に踏み込んだスケール、キー、マイクロ・チューニング。

volca modularはウェスト・コースト・スタイルのシンセサイザーですが、現代の楽器として音楽に対する対応も柔軟です。スケールは平均律を始め14タイプから選択可能。またこのスケールをどのキーから始めるか第一音(トニック)を設定できるので、様々なキーの楽曲にも対応します。

また各ノートのピッチを個別に設定できるマイクロ・チューニング機能も搭載。ピッチを上下させたオリジナルなチューニングで演奏することにより、独自の音楽を探求することができます。

高いプレイアビリティ。



同期プレイや外部コントロールが可能な接続端子。

コルグのグルーヴ・マシンと手軽に接続できるシンク端子を装備しているので、他のvolcaシリーズやelectribe、SQ-1などのマシンと接続し、シーケンサーを同期再生してセッションできます。

また外部コントロールのためのCV IN端子は、2系統の信号を入力できるミニ・ステレオ端子によるTRS構造で、左チャンネルは±5V、右チャンネルは1V/oct(0〜+6V)の信号を入力することができ、volca modular内ではピッチCVへと変換されます。もちろん、この2系統の信号をそれぞれパッチで取り出してモジュールをコントロールすることも可能です。

どこでも楽しめる。

コンパクト・サイズ、電池駆動、内蔵スピーカーにより、どこへでも気軽に持ち出し、いつでも演奏を楽しむことができます。

音楽ソフトウェアを無料バンドル。

volca modularには、曲を作るだけでなくAIによるマスタリングができる「Ozone Elements」、キーボード演奏の上達に役立つ「Skoove」、 DAWソフト「Reason Lite」に加え、コルグやその他ブランドのソフトウェア・シンセまで、多数の音楽ソフトウェアが最初から付いてきます。

つまり、このシンセサイザーを手に入れることによって、あなたの音楽をレベルアップさせるさまざまなツールを手に入れることができるのです。

Mac / Windows用ソフトウェア

  • KORG Collection - M1 Le(シンセサイザー音源)

  • UVI Digital Synsations(シンセサイザー音源)

  • AAS Ultra Analog Session(シンセサイザー音源)

  • AAS Strum Session(アコースティック・ギター音源)

  • AAS Lounge Lizard Session(エレクトリック・ピアノ音源)

  • Propellerhead Reason Lite(DAW音楽制作ソフト)

  • Skoove プレミアムプラン 3ヶ月トライアル(オンライン ピアノ レッスン)

  • KORG Gadget 2 Le for Mac(DAW音楽制作ソフト)

  • iZOTOPE Ozone Elements(マスタリング・プラグインソフト)

付属ケーブル

  • パッチング用ピン・ケーブル(1セット)

  • シンク・ケーブル

ACCESSORIES

SEQUENZ CB-4VOLCA

volcaシリーズ4台が入るハードシェル・ケース。

SEQUENZ CC-VOLCA

volcaシリーズ専用のキャリング・ケース。

SEQUENZ volca rack

volcaシリーズ4台を収納できるラック・スタンド。