0123456789
list icon
list icon

KAOSS PAD for Mac/Win KAOSS PAD for Mac/Win

KORGShop

Share

パッドに触れてコントロール。ダイナミックなエフェクト・プロセッサーを新たに創造。
KAOSS PAD for Mac/Win登場。

タッチ・パッドに触れて、なぞって、こすってプレイ。単純明快なコンセプトで世界中のDJシーンはもとより、あらゆる音楽制作の現場で活躍を続けるKAOSS PADシリーズ。1999年登場の初代KP1から第3世代のKP3+へと進化を遂げ、さらにその明快なインターフェイスを装備した数々の派生製品へと発展し「KAOSSファミリー」を築いていきました。

「タッチ・パッドに触れてコントロールする」という、わかりやすさを最前面に押し出したインターフェイスはそのままに、エフェクト・プラグインとしての使いやすさ、そしてKAOSSシリーズでは初となるその複雑な内部構造を開放し、オリジナルのコントロール体系も作成可能となったが、この「Kaoss Pad for Mac/Win」です。
KAOSS PADシリーズのコンセプトを継承しつつ、この上なくディープなエフェクト・プロセッシングとその多彩なコントロールにより新たなカオスを創造できる「Kaoss Pad for Mac/Win」の奥行きの深さを存分にお楽しみください。

  • 新たな KAOSS PAD として再構築。
  • エフェクト・プログラム自体を新たに創造。
  • 多彩でマニアックな25種類のエフェクト・アルゴリズム。
  • タッチ・パッドでエフェクトをリアルタイム・コントロール。
  • 無料で試せるデモ版も用意。

タッチ・パッドでエフェクトをリアルタイム・コントロール。

タッチ・パッドでエフェクト・パラメーターをリアルタイムにコントロールできるシンプルなオペレーションは、ハードウェアのKAOSS PADシリーズと同様です。プリロード・プログラムを選択し、UIのタッチ・パッド部分にマウスやトラックパッドなどで触れるだけで、音が劇的に変化します。また、ハードウェア・コントローラーなどから「Kaoss Pad for Mac/Win」にMIDI CCを送信することでもエフェクトをコントロールすることができますので、コルグnanoKEY StudioやnanoPAD2のようにXYパッドを装備したハードウェア・コントローラーでエフェクトをリアルタイムに操作することができます。さらに、MIDIノート・オン/オフを使用したコントロールでは、ノート・データを送信するとパッドのある位置をタッチした状態を再現でき、あたかもキーボード等を演奏するようにエフェクトをコントロールすることも可能です。もちろん、DAWのオートメーション機能にも対応していますので、リアルタイム・コントロールを記録してそのまま再現できるほか、オートメーションそのものを緻密に作成することでリアルタイム操作では困難なエフェクトの変化を表現することもできます。このように、ハードウェア譲りの明快さはそのままに、プラグインとしての柔軟性も備えています。

エフェクト・プログラム自体を新たに創造。

「Kaoss Pad for Mac/Win」では、これまでのKAOSS PADシリーズでは非公開だったエフェクト・プログラムそのものを編集できるエディット・ページを搭載し、オリジナルのエフェクト・プログラムを作成できます。

1つのエフェクト・プログラムでは最大5つのエフェクトを同時使用でき、各エフェクトのパラメーターを4つのLFO、4つのエンベロープ・ジェネレーター、2つのエンベロープ・フォロワー、そしてXYパッドという豊富なモジュレーターでコントロールするための設定を構築できます。各モジュレーターとエフェクト・パラメーターのマッピングは、ドラッグ&ドロップで簡単に行えます。また、モジュレーションの深さやポラリティ(極性)の設定もパラメーターごとに細かく設定できます。また、バーチャル・パッチのタブでもモジュレーション・ソースとエフェクト・パラメーターのマッピングやポラリティ、モジュレーションの深さはもちろんのこと、モジュレーションの変化カーブやXYパッドのレゾリューション(分解能)もマッピングの1つ1つで個別に設定することができ、思い通りのKAOSSエフェクトを好きなだけディープに作成できます。さらに、5つのエフェクトの入出力設定とパンニング設定でエフェクト間のプレースメントやステレオ空間での音像設定も自在に行え、まさにカオスなエフェクトの世界を創造することができます。

多彩でマニアックな25種類のエフェクト・アルゴリズム。

リバーブやディレイの空間系エフェクトをはじめ、コーラスやフランジャーなどのモジュレーション系やフィルター、アイソレーター、イコライザーといったフィルター系エフェクトから、グレイン・シフターやインパルス・レスポンスなどのデジタル系、ピッチ・シフター、リング・モジュレーター、ヴァイナル・ブレイクやルーパー、ボーカル・プロセッサーといった効果が派手なエフェクトまで、あるいはアナログ・オシレーターなど自身で発音するタイプまで、全25種類のエフェクト・アルゴリズムを内蔵しています。各エフェクトとも豊富なパラメーターでセッティングを緻密に設定でき、多彩なエフェクトを作成することができます。

中でもボーカル・プロセッサーは、サンプル等を再生させながらボーカルもそこに入れることができ、Kaoss Pad単体でボーカル入りのビートメイキングを完結させることができます。このボーカル・プロセッサーは、単なるエフェクト・プロセッサーを超えたトータルなビートメイキングを楽しむことが可能です。

敏腕サウンド・デザイナーによるエフェクト・プログラムを豊富に内蔵。

25種類のエフェクト・アルゴリズムを最大5種類同時使用したエフェクト・プログラムを128個内蔵しました。DJプレイに適した定番エフェクトや意外性のあるギミック的なエフェクト、そしてDAWでの音楽制作でもリアルタイム性を活かしたエフェクトまで、DJブースでもステージでも、そしてスタジオでもKaoss Padらしいリアルタイムなエフェクト・コントロールをお楽しみいただけます。

新たな「Kaoss Pad」として再構築。

「Kaoss Pad for Mac/Win」はエフェクト・プラグインの新たな形を創造すべく、従来のKAOSS PADシリーズのソフトウェア版という位置付けではなく、エフェクト・アルゴリズムも含めてすべて新たに設計しました。KAOSS PADシリーズから受け継いだタッチ・パッドに触れるだけでエフェクトをコントロールできるという明快なユーザー・インターフェイスはそのままに、これまで非公開だった内部構造を開放することで緻密で重層的なマルチ・エフェクト・プロセッサーとしての側面も打ち出し、パフォーマンスの現場ではもちろんのこと、制作の場面でもフレキシブルに対応できるプラグインとして開発しました。DAW上に鮮烈なカオスを引き起こす「Kaoss Pad for Mac/Win」。新たなサウンドが、新たな音楽が、そして新たなシーンが、ここから生まれます。

まずはデモ版を試してみよう。

KORG Collection - KAOSS PAD は、ほぼすべての機能を無料で試すことができるデモ版(※)を用意しています。まずはその可能性の一端に触れてみて下さい。

※ KORG IDアカウントが必要です
※ 一度の起動につき20分間のみ利用可能です。
※ エディットした音色の保存をすることはできません。

KORG Collectionに含まれています。

KAOSS PAD for Mac/Winは、KORG Collection 4 フルバージョンに含まれています。フルバージョンは、合計14個のソフトウェアをセットにしたお得なバンドル・パッケージです。1970〜80年代前半にシンセサイザーを確立したアナログの名機、そして80年代後半〜00年代に音楽の歴史を変えたデジタルの名機が、一度に手に入ります。