0123456789
list icon
list icon

wavestate native wavestate native

KORGShop

KORGShop

SoundCloud

Share

伝説のシンセシスを、過激にリアレンジ。
そして新たにMacとWindowsに対応したプラグインが登場。

サンプル波形が刻々と変化し、かつてないサウンドを実現するウェーブ・シーケンスを世界に発信した伝説のシンセサイザー、Wavestation。コルグのフラッグシップ・モデルのOASYS、KRONOSでは、ウェーブ・シーケンスを発展させ、濃密で変化に富んだパッド系サウンドや、リズム系サウンドなどで独自の音世界を構築してきました。

2020年にはその思想を受け継いだwavestateがWave Sequencingを次のレベルへと導きました。Wave Sequencing 2.0を搭載したwavestateは直感的なコントロールにより、常に変化し続ける驚異的なサウンドを提供。それはWavestationの単純な復刻ではなく、モジュラーシンセ、グルーブボックス、アルゴリズム作曲など様々なソースからヒントを得て、新しい世代のミュージシャン、プロデューサー、作曲家のために一から設計されています。

wavestate nativeは、ハードウェアのwavestateシンセサイザーと完全互換のソフトウェアです。つまりハードウェアとソフトウェアの間でシームレスにサウンドを交換することが可能。DAWでwavestate nativeを使って制作し、ステージではwavestateを使って同じサウンドを再生することができます。ハードウェアの直感的なインターフェイスでサウンドを作成し、コンピュータベースの共同制作者と共有。さらにハードウェア向けに用意されているサードパーティ製サウンドおよびサンプル・ライブラリを使用することも可能です。

  • wavetstate(ハードウェア)からの特別なクロスグレード
  • ウェーブ・シーケンシング2.0
  • わかりやすいコントロールによる広範なモジュレーション
  • 数ギガバイトの大容量サンプル内蔵
  • MS-20やPolysixなど、モデリング・フィルター搭載
  • ステレオ64ボイス
  • 4レイヤー+ベクター・コントロール
  • 最大14系統のエフェクトを同時使用可能
  • セット・リスト機能とスムーズ・サウンド・トランジション機能
  • ランダム機能
  • コルグR&D(カリフォルニア)が開発
  • ソフトウェアとハードウェア間のパッチ交換

wavestateから、お得にクロスグレード

wavestate(ハードウェア)をお持ちの方には、wavestate nativeへお得にクロスグレードができるパッケージをご用意しています。wavestate Sound Editor/Librarian*からクーポンコードを入手して、KORG Shop にてwavestate native を特別価格¥4,900で購入することができます。wavestate ハードウェアとソフトウェアをシームレスに切り替えて、ライブ演奏やDAWでの音楽制作など、同じサウンドを様々な環境に合わせてお使いください。
* wavestate Sound Editor/Librarian v1.1.0以降が必要です。
* wavestate (ハードウェア) system v2.1.0以降が必要です。

ウェーブ・シーケンシング2.0

Wavestationでは、ウェーブ・シーケンスの各ステップにデュレーション(長さ)、サンプル、ピッチを割り当てることができました。これによりキャッチーなパターンが作れましたが、パターンは延々と繰り返すだけの再生方法でした。単に繰り返すだけではなく、再生方法をもっとオーガニックに、予想外の方法で変化させられるとしたら…?

ウェーブ・シーケンシング2.0では、タイミングとサンプル、そしてメロディ(ピッチ)を別々のトラックに分離しましたので、それぞれを個別にコントロールできます。また、シェイプやゲート・タイム、ステップ・シーケンサー・バリューといった新たな要素も追加しました。このそれぞれを「レーン」と呼び、各レーンは別々のステップ数をはじめ、スタートやエンド・ポイント、ループ・ポイントを設定できます。

ノート・オンでシーケンスがスタートし、各レーンからの情報でサウンドが構成されます。サンプルは別々のデュレーション、ピッチ、シェイプ、ゲート・タイム、ステップ・シーケンサー・バリューで発音する場合もあります。また、各レーンのスタートやエンド、ループ・ポイントをベロシティやLFO、エンベロープ、Modノブなどのコントローラーで個別にモジュレーションさせることもできます。これにより、コードの各音が別々に変化していくサウンドも作り出せます。

また、リアルタイム・コントロールで各レーンのステップの順序をランダム化させることも可能です。さらに、0〜100%のプロバビリティをモジュレーションすることにより、ステップをランダムにスキップさせることもできます。こうして得られるサウンドは、リアルタイム・コントロールで刻々と変化するオーガニックなものになります。また、4系統のアルペジエイターでウェーブ・シーケンスを変化させることもできます。

高い表現力をイージーに。
異例なほどディープに。

ほとんどのパラメータをモジュレーションでき、パフォーマンスごとに最大4,000のモジュレーション先を設定でき、モジュレーションのルーティングの総数にも制限はありません。さらに、ウェーブシーケンスステップの設定も個別にモジュレーションさせることもできます。各モジュレーション・ルーティングには、一次モジュレーションソース、インテンシティ、二次モジュレーション・ソースが含まれ、この3つを掛け合わせることでモジュレーション量が決定されます。フィルター・カットオフのような1つのデスティネーションに、最大31のモジュレーション・ルーティングを入力することができます。

Modノブを使えば、マクロ変換を指先で操作でき、各パフォーマンスの中にある音の世界を簡単に探索できます。既存のサウンドに手を加えたいなら、エンベロープ、LFO、その他の主要なモジュレーションソースをすべてリアルタイムで表示するので、モジュレーション・ソースをすばやく特定できます。ドラッグ&ドロップで簡単にモジュレーションのルーティングを作成し、Modリストですべてのルーティングの概要を確認することもできます。また、モジュレーション信号にクォンタイズやスムージング、カービングなどの変化を付けることができるModプロセッサーも内蔵しています。

ランダムの刺激

もっと刺激が欲しいという方には、「ダイス」(サイコロ)のアイコンが入ったボタンがあります。このボタンを押すと、インテリジェント・ランダマイゼイション機能により新たなサウンドを生成します。ランダムはサウンド全体だけでなく、フィルターやウェーブ・シーケンスのサンプル・レーン、あるいはエフェクトというように、一部だけをランダムにすることも可能です。ランダムで生成したサウンドをそのまま使う以外にも、さらなる音作りの出発点として利用するなど、使い方は自由自在です。

エフェクトの宝庫

wavestateのエフェクトは、そのままレコーディングに使える高品位エフェクト群です。各レイヤーで3系統のエフェクトが使用でき、パフォーマンスではマスター・リバーブとパラメトリック・イコライザーが使用できます。コンプレッサーやEQ、コーラス、フランジャー、フェイザー、ステレオ・ディレイなどのスタンダードなエフェクトから、ウェーブ・シェイパーやトーキング・モジュレーター、リバース・ディレイ、マルチバンド・モジュレーション・ディレイなど特徴的なエフェクトやOASYSに搭載されていたOverb、さらにVOXギターアンプ、VOXワウ、マルチヘッド・テープ・エコーや、オーセンティックなギター・エフェクト・ペダルのモデリング・エフェクトも内蔵しています。

欲しいフィルターをチョイス

アグレッシブなMS-20のローパス/ハイパス・フィルターや、ストロングかつスウィートなPolysixローパス・フィルターでヴィンテージ・テイストをプラスしたり、レゾナント2ポール、4ポールのローパス、ハイパス、バンドパス、バンドリジェクトのフル・コレクションから欲しいフィルターをチョイスできます。さらに、フィルター・タイプの枠を超えたコルグ独自のマルチ・フィルターで、複数タイプのフィルター・サウンドのブレンドが刻々と変化していくサウンドを作り出すこともできます。

膨大なサンプル、ステレオ64ボイス

合計数ギガバイトにも及ぶwavestateのサンプル・ライブラリーは、オリジナルのWavestationの数千倍もの大容量です。つまり、ウェーブ・シーケンスの材料となるサンプルが膨大にあるということです。サンプル・バンクには、Plugin Guru製のもの、コルグの新規サンプルに加え、KRONOSやKROMEから厳選されたライブラリーもあります。もちろん、Wavestationに内蔵されていたサンプルと、オプションのPCMカードに収録されていたサンプルもすべて内蔵しました。これらの膨大なサンプルは、コルグお独自のアンチエイリアシング・サンプル・プレイバック・テクノロジーによるクリアなサウンドで最大ステレオ64ボイスまで使用できます。

4倍の多彩さ

各種シンセシス・パワーのすべてを投入して、同時に使えるのは1つのサウンドだけとお考えの方、そんなことはありません。リッチで複雑な変化に富んだプログラムを、パフォーマンスとして最大4レイヤーまで同時使用することができます。もちろん、レイヤーの1つ1つに独自のエフェクトとアルペジエイターも使用できます。他にもベクター・エンベロープやジョイスティック・ミックス、パラメーターのモジュレーションもレイヤーごとに使用できます。

セットリストとスムーズ・サウンド・トランジション

セット・リストは、wavestateのパフォーマンスを演奏する曲順などに合わせて構成しておき、一発操作で切り替えることができる機能で、ライブやリハーサル時に非常に便利です。また、スムーズ・サウンド・トランジションはサウンドの切替時に、前に演奏していたサウンドが音切れすることなく自然に鳴りながら新しいサウンドに切り替わる機能です。

wavestate nativeの構成

カリフォルニアのコルグR&Dで開発

コルグR&DはオリジナルのWavestationの開発、OASYSやKRONOSの共同開発をはじめ、その他多くのコルグ製品の根幹部分となる各種テクノロジーの開発を行ってきました。wavestate nativeは、コルグR&D独自のユニークな視点、驚異的なサウンドとどこまでもディープなフレキシビリティを、細心テクノロジーで開発したモデルです。

オリジナルのWavestationで中心的役割を担ったサウンド・デザイナーのJohn Bowen、John "Skippy" Lehmkuhl、Peter "Ski" Schwartzの3人に、ベルギーのアーティストAirwaveを迎え、そして定評のあるコルグのボイシング・チームがwavestateの驚異的なサウンド・ライブラリーを作成しました。

ソフトウェアとハードウェア間のパッチ交換

wavestateまたは wavestate native で作ったサウンドは相互で共通して使用することができ、ハードウェアとソフトウェアの垣根を超えて、そのサウンドの魅力をさまざまな環境で楽しむことができます。

サウンドの交換はwavestate サウンド・エディター/ライブラリアンを経由して行います。詳しい使用方法については、wavestateサウンド・エディター/ライブラリアン 付属の取扱説明書をご覧ください。

まずはデモ版を試してみよう。

wavestate native は、ほぼすべての機能を無料で試すことができるデモ版(※)を用意しています。まずはその可能性の一端に触れてみて下さい。

※ KORG IDアカウントが必要です。
※ 一度の起動につき20分間のみ利用可能です。
※ エディットした音色の保存をすることはできません。

wavestate

サンプル波形が刻々と変化し、かつてないサウンドを実現するウェーブ・シーケンスを世界に発信した伝説のシンセサイザー、Wavestation。コルグのフラッグシップ・モデルのOASYS、KRONOSでは、ウェーブ・シーケンスを発展させ、濃密で変化に富んだパッド系サウンドや、リズム系サウンドなどで独自の音世界を構築してきました。

そして、コルグのデジタル・シンセシスのネクスト・ステップが登場します。それが、wavestateです。大胆にリアレンジしたウェーブ・シーケンシング2.0を搭載し、驚異的で千変万化のサウンドを、わかりやすいコントロールで実現しました。

ノスタルジックな復刻からは距離を置くwavestateは、モジュラー・シンセやグルーヴ・ボックス、アルゴリズミックな作曲法など多様なソースから曲作りのヒントを得ている新世代のミュージシャンのために、まったくの新設計で開発したモデルです。フルサイズ37鍵のコンパクトなデザインは、ステージやスタジオ、デスクトップなど、あらゆる環境で簡単にセッティングできます。