0123456789
list icon
list icon

EK-50 EK-50

SoundCloud

Share

EK-50

ENTERTAINER KEYBOARD

関連情報

関連製品

関連アクセサリー

関連ニュース

2018.10.31
EK-50 System Updater v1.4をリリース。

弾ける、を叶えるキーボード。

自分の好きな曲を弾きたい。思いついたメロディをオリジナル曲にしたい。そんな諦めかけていた夢の実現を、コルグがお手伝いします。

鍵盤の前のあなたをスタイル(自動伴奏)がしっかりサポート。最初はうまく弾けなくても、リッチな伴奏にパッとひらめいたフレーズを重ねてみれば、少しずつ楽しくなってきます。そして演奏が上達したら、さらに高度な機能を使いこなして、自分が思い描いた曲のアイデアを形にできるようになるでしょう。

レベルに応じた楽しみ方で、楽器と一緒に成長できるエンターテイナー・キーボード。コルグEK-50。

KORG EK-50: Explore, entertain, enjoy!

EK-50 Entertainer Keyboard: Overview (part 1) ※日本語字幕をONにしてご覧ください。

EK-50 Entertainer Keyboard: Overview (part 2) ※字幕をONにすると演奏中のスタイル名などが表示されます。

ピアノの前に座っても、得意なレパートリーがないとなかなか楽しめないものですが、EK-50にはスタイルという自動伴奏機能を搭載しており、左手の指1本、あるいは和音を押さえるだけでリッチな伴奏が自動で鳴ります。この伴奏は弾く鍵盤の位置/コードに合わせて変化するので、一緒に右手でメロディを弾くだけで、簡単な即興演奏も可能です。

スタイルは世界中の音楽ジャンルに応じた280種類以上を搭載し、それぞれに伴奏がシンプルなものから複雑なものまで4つのバリエーション、曲の始めと終わりには楽しいイントロ/エンディングなども用意されており、リズムに合わせてこれらのボタンを切り替えることで、演奏にさまざまな変化を与えることができます。

またスタイルを変えると、そのスタイルに連動しオススメ音色を自動選択する「STS」(Single Touch Select)機能も装備。スタイルにマッチした音で弾くことで、曲作りや演奏のインスピレーションが格段に広がります。

EK-50にはピアノだけでなく、バイオリン、サックス、ドラムなど、リアルなサウンドを702種類以上も内蔵しており、ソロ演奏からバンドのバッキング・キーボードとして、好みに応じた音を選んで弾くことができます。また上級者向けに鍵盤の音域を2つにわけて右手がピアノ、左手がベースなど別々の音色を選んで演奏できるスプリット機能も搭載しており、音の組み合わせによっても楽しむことができます。

操作パネルの真ん中には現在選んでいる音色名、スタイル名を大きく表示した見やすいディスプレイを配置。主なスイッチはLED自照式になっており、機能ごとのセッティングをスイッチの点灯によって確認できます。さらにどの音を選んでいても、いつでもグランド・ピアノの音を選ぶことができる「グランド・ピアノ・ボタン」も装備しています。

本体に10W x 10Wの大迫力ステレオ・スピーカーを搭載。本体からの音だけでなく、外部機器を入力端子とつないで本体内蔵スピーカーで鳴らすことも可能です。さらに譜面立てやACアダプターも付属しているので、買ってからすぐに楽しむことができます。また単3乾電池(別売)による駆動にも対応しており、演奏する場所を選びません。

EK-50には一部のスタイルをもとに、どこかで聞いたことのあるあの曲の雰囲気に合った音色やテンポに予め設定したものを「ミュージック・スタイル」として64個搭載しています。選んで弾くだけで即興演奏やオリジナル曲のアイデア作りに非常に役立ちます。

上手に弾けるようになったら、自分の演奏を本体に記録し曲として保存することができます。ソング・モードではこの自分で作った曲のほか、内蔵のデモ・ソング、あるいは市販のUSBメモリーに入れたMP3、WAVなどの音声データ、SMF(スタンダードMIDIファイル)を本体で再生することが可能で、この曲に合わせて演奏することもできます。

本体だけで完結することなく、USBメモリー経由で、スタイルの追加が最大96個まで可能。今後コルグのWebサイトに新しいデータを追加し、お知らせしていく予定です。

ACCESSORIES

SEQUENZ SC-EK/Pa

EK-50、Paシリーズ専用のソフト・ケース。