0123456789
list icon
list icon

Poetry Poetry

SoundCloud

Share

Poetry

DIGITAL PIANO

サポート

関連情報

関連製品

関連アクセサリー

ショパンを弾きたくなるピアノ

Poetry はピアノの詩人フレデリック・ショパンが生前最も愛したピアノ「PLEYEL(プレイエル)」と、著名なショパン・コンクールでも採用された世界最高峰のイタリアン・ピアノという、ショパンに縁のある2つのピアノ音色を搭載したユニークなデジタル・ピアノです。

19世紀に生まれ、当時の個体もあまり残っておらずなかなか聴くことができないゆえに、希少かつ垂涎の的である当時の「PLEYEL」サウンド。その高音質なサンプルを収録し搭載したデジタル・ピアノは、当時の音を現代に伝えつつ、定期的な調律やメンテナンスが不要な電子楽器としての扱いやすさも兼ね備えています。

クラシック音楽の作曲家、ピアニストとして高い評価を受けているショパンに焦点を当てた製品であるPoetryは、世界中のピアノ愛好家やショパン愛好家に、新たなショパン楽曲の楽しみ方を提供することでしょう。

ショパンに出会える2つのピアノ音色

Poetryには、ショパンが33歳当時の1843年製PLEYELピアノと、世界的なショパン・コンクールでも採用されているイタリアン・コンサート・グランド・ピアノの2つのピアノ音色を搭載しています。

PLEYELはピアノ筐体に使われているウォルナット材の木の温もりを感じさせる味わい深い響きが他の多くのピアノと異なる特徴です。さらによりPLEYELを体感できるよう、実機と同じ80鍵盤の音色PLEYEL3では、ピッチを430Hzに設定することで、ショパンが当時この音で弾いて聴いていたと考えられるものを忠実に再現した音色になります。

イタリアン・ピアノは華やかで透明感があり、豊かな表現力を持つサウンドです。同じ楽曲の演奏でも現代風に奏でるこのピアノは、時代を超えて愛されるあの作曲家がもし現代に存在したら、きっとその作品作りに刺激を受けたであろう、そんな想像を掻き立てます。

美しい木目調のスタイリッシュな外観

「Poetic Brown」と名付けた美しくエレガントな木目調の外観は、ショパンの纏う優しい雰囲気をイメージし、さらにペダルや足先にゴールドの装飾を入れ、上質な雰囲気に仕上げました。奥行きはわずか26センチ(※転倒防止金具除く)というスリムさを実現し、蓋を閉めるとフラットになる便利さも兼ね備えています。

心地よいタッチのRH-3鍵盤〜プレミアム・ジャパン・クオリティ

グランド・ピアノと同様に低音部では重く、高音部にいくほど軽くなるタッチを再現したリアル・ウェイテッド・ハンマー・アクション3(RH3)鍵盤を採用。高い連打性能で、早いパッセージでも演奏者の表現力を損なうことなく音の強弱まで再現します。この鍵盤は環境にも配慮しており、鍵盤のハンマー部に鉛を使用していません。また、タッチの強さによって5段階の音の出方(軽め、標準、重め、安定、一定)を設定できるキー・タッチ・コントロールに対応し、自分のタッチに合わせて演奏を楽しめます。

ハーフ・ペダルにも対応、3本ペダルを標準装備

ピアノの演奏に欠かすことのできないペダルは、アコースティック・ピアノ同様にダンパーに加えソフト、ソステヌートを使うことができる3本ペダルを標準装備。ダンパー、ソフトはハーフ・ペダルにも対応しており、より細やかな表現が行えます。

2パートのレコーダーを搭載しているので、自分の演奏を録音して客観的に聴き、演奏の上達に役立てることが可能です。ピアノ・ソングと同様の片手ずつの録音や、保存済みのソングに演奏を加える録音にも対応。録音したユーザー・ソングは再生時のテンポ変更も可能です。

レッスンに便利なメトロノームはワンタッチでオン / オフ可能。音色ボタンを2つ同時に押すだけで2つの音色を重ねる「レイヤー・モード」によって、ピアノにストリングスやビブラフォンなどを重ねての演奏も可能です。また鍵盤の左側と右側で分けて、2人の演奏者が同じ音域で演奏ができる「パートナー・モード」も搭載。先生と生徒、あるいは親子で、楽しくレッスンができます。

Bluetoothオーディオに対応

待望のBluetooth機能を搭載。iPhoneのようなスマートフォンやiPadなどのタブレットと無線で接続して、ミュージック・プレーヤーやYouTubeでいつも聴いている音楽と一緒にピアノの演奏を楽しむことができます。ピアノを演奏しない場合でも、Poetryを迫力のあるBluetoothスピーカーとして使用することで、スマートフォンやタブレットの音楽をお楽しみいただけます。

ショパンの名曲をピアノ本体に50曲搭載

ショパンの名曲50曲をピアノ本体に搭載。これらはイタリアン・ピアノ音色とPLEYEL音色で聴き比べが可能です。またその中から厳選した23曲を収録したピアノ演奏用の譜面が付属しており、このピアノを手に入れればすぐにショパン楽曲の演奏を弾いて、聴いて楽しむことができます(その他に音色デモ・ソングが10曲搭載されています)。

ショパンについて

National Museum in Warsaw, Public domain, via Wikimedia Commons

フレデリック・フランソワ・ショパン

フレデリック・フランソワ・ショパン(仏: Frédéric François Chopin 、ポーランド語: Fryderyk Franciszek Chopin 1810~1849)は、フランス人の父ミコワイ(Mikołaj Chopin 1771~1844)と、ポーランド人の母ユスティナ(Justyna Krzyżanowska 1782~1861)のもと、ポーランド・ワルシャワ近郊のジェラゾヴァ・ヴォラ村で生を受けました。生まれ持った類まれな感性から生み出される独自の作曲技法とピアニズムを駆使して、わずか39年という短い生涯において多くの作品を世に送り出しました。

そのほとんどの作品がピアノ作品であることから、「ピアノの詩人」と言われています。抒情性豊かな美しい旋律、色彩豊かな和声、華麗なパッセージなど、すべてにおいて唯一無二のものであることは言うまでもありません。

ショパンが、幼少期から受けていた音楽教育はきわめて古典的なもので、それがのちの作曲活動の礎になっていったことは特筆すべきことです。特にヨハン・セバスティアン・バッハ(Johann Sebastian Bach 1685~1750)とヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(Wolfgang Amadeus Mozart 1756~1791)からの影響は、構成や調性の関係、作品中に現れる対位法的手法(独立した複数の旋律を、独立を保ちながら調和させて重ね合わせる技法)や、声楽的手法、運指方法などから窺い知ることができるでしょう。

また、ショパンの音楽を語るうえで、彼が生きた時代のポーランドの歴史を理解することはとても重要です。

ポーランドはヨーロッパの中心に位置するゆえに、つねに隣接する強国の犠牲となってきました。1795年には、ロシア、プロイセン(ドイツの前身)、オーストリアの三国に分割され(第3次分割)、1918年の第一次世界大戦終結まで123年もの間ポーランドは世界地図から消滅していたのです。

しかし、苦難のなかでもポーランドの人々の母国に対する心は決して滅びることはありませんでした。11月蜂起が起きた1830年、20歳を迎えたショパンは惜別の念とともにポーランドを旅立ち、フランス・パリでようやく活動の場を手に入れ、やがて作曲家、ピアニストとして名声を確立することになります。

遠い地において、胸に焼き付けてきた祖国の風景、文化、そして何よりポーランド人としての誇り、アイデンティティを自らの作品に投影していきます。

ショパンとPLEYEL

「私は体調が良い時はPLEYELを弾き、悪い時はエラールを弾く。」ショパンのこの発言はとても有名です。ショパンがパリで暮らし始めた1830年代のフランスでは、当時エラール社とPLEYEL社の二大ピアノ・メーカーが競い合っていました。エラールのピアノは響きが華やかで音量が豊かなのが特徴で、かつ機能の向上により演奏しやすくなったのに対し、PLEYELのピアノは柔らかく繊細で、僅かなタッチの変化にも敏感に反応し、かなりの神経を使う楽器といわれています。繊細なタッチのコントロールから引き出されるプレイエルの多彩な音色は、ショパン作品にとって必要不可欠であり、ショパンの心の声を表現する唯一無二のパートナーでした。

PLEYELピアノについて

1843年製PLEYELについて

Poetryに収録されている1843年製PLEYELピアノは、ショパンが33歳だった時のものです。当時の状態のまま、フランスのとある地方にあったものを日本へ移送し、修復が必要な消耗品以外の部品はフランスから当時の部品を取り寄せて、可能な限り1843年当時とほぼ変わらない状態のものに修復された個体です。

PLEYELの特徴

PLEYELというピアノは、ショパンがどうしても”シングル・アクション”を変えさせなかったという逸話のあるピアノです。またPLEYEL社もショパンが亡くなった後も14年間この方式を変えませんでした。 シングル・アクションとは完全に鍵盤(ハンマー)を戻さないと次の打鍵ができず、速い連打が難しい構造の鍵盤です。現在のピアノは”ダブル・エスケープメント”という構造で、ハンマーが戻りきらなくても打鍵ができるので速い連打が可能になり、超絶技巧で派手な演奏を実現できる様になっています。

現代のピアノはコンサート・ホールのような大きな会場で響かせられるように進化してきましたが、19世紀の中頃まではコンサート・ホールのような大きな会場は無く、サロン・コンサートが主でした。そのころの絵を見るとショパンがサロンで弾いていて、女性がピアノに肘をかけて聞き入っているような光景を見ることができます。

さらに、この少し前の時代にピアノという楽器はなく、鍵盤楽器といえばチェンバロとパイプ・オルガンでした。このチェンバロという楽器はオーケストラの中で使えるほど大きな音がしますが、逆に小さな音で弾くのが難しい楽器でした。チェンバロをサロンなどで演奏するとかなり大きい音になります。その問題を解決するためにピアノの前身である「フォルテピアノ」という楽器が登場し、弱い音も弾けるハンマー・アクションが発明されました。当時は小さな音量で弾けることが最も重要だったと考えられます。

またPLEYELにはミュート板がついています。高音部は音が小さく低音部は音が大きいため、弾いたときにバランスが悪くなるのでこのミュート板を装着し、中低音域の音量を下げて高音域へクレッシェンドさせて音楽的にバランスをとるようになっています。そのようなことも含めて、PLEYELはやはりフォルテッシモではなくて、繊細な表現で美しく音楽を語るピアノであると考えられます。

店頭、オンラインでのご購入の上、アンケートにお答え頂いた先着100名さまに「Poetic Brown」の特製KDM-3メトロノームをプレゼント。

Poetryを店頭、またはオンラインでお買い上げ頂いた方でアンケートにお答え頂いた方、先着100名さまに、このピアノに合わせて新たにデザインされた特製KDM-3メトロノームをプレゼントいたします。本体と同じ金色のロゴが入ったメトロノームを手に入れて、ショパン楽曲の練習に励みましょう。

※アンケート記入時にはご購入いただいたレシートの画像ファイル(ネットの場合は購入したことがわかるスクリーンショット)をあらかじめご用意ください。

本ウェブサイトでは、お客様の利用状況を分析および、カスタマイズしたサービスを提供するために、cookieを使用しています。 詳しい説明はこちら OK