0123456789
list icon
list icon

TM-50TR TM-50TR

Share

TM-50TR

TUNER / METRONOME / TONE TRAINER

サポート

関連情報

関連製品

演奏音を分析して「いい音」を目指す。
練習の質をさらに高めるチューナー/メトロノーム。

一台で音とリズムを同時にトレーニングできるチューナー/メトロノームTM-50に、大きく進化したニュー・モデルTM-50TRが登場です。

TM-50TRは、これまでの高精度なチューナー機能に加え、演奏音をより細かく分析できるTONE TRAINER機能を新たに追加しました。ピッチだけでなく、音量、音色の明るさ、そしてそれらの安定度を測れるので、自分の奏法や練習ポイントのチェックに最適です。またもちろん、音感トレーニングにも適したサウンド・アウト機能、サウンド・バック機能も備えています。さらにメトロノームとしては、リズム音を一定の小節数ミュートさせる間欠メトロノーム機能を新搭載。リズム・キープの練習により一層役立ちます。またディスプレイには大画面カラーLCDを採用し、高い視認性を実現。色はシルバーとブラックの2種類を用意しました。

音のトーンを測定して、「いい音」に近づけていく。TM-50TRが、日々の楽器練習のレベルをさらに高めます。

TM-50TR - Introduction Movie

  • ピッチだけでなく音量、音色も測れるチューナー。
    ・自分の演奏音を分析できるTONE TRAINER機能。
    ・基準音をスピーカーで出力できるサウンド・アウト機能。
    ・入力音に近い基準音をスピーカーから返すサウンド・バック機能。
  • リズム感をさらに強化するメトロノーム。
    ・チューナーと同時に使用可能。
    ・15種類のリズム・バリエーション。
    ・トレーニングに最適な間欠メトロノーム機能。
  • 多機能を詰め込んだコンパクトなボディ。
    ・視認性を高めた大画面カラーLCDディスプレイ。
    ・選べる2色のカラー・ラインナップ。
    ・オート・パワー・オフ、メモリー・バックアップ機能。

ピッチだけでなく音量、音色も測れるチューナー。

自分の演奏音を分析できるTONE TRAINER機能。

PITCH、DYNAMICS、BRIGHTNESS

STABILITY

TM-50TRは、チューナーとしての高い精度はもちろんのこと、自分の音をさらに細かくチェックできる「TONE TRAINER機能(※1、2)」を新搭載しています。楽器を発音(ロング・トーン)させると、通常チューナーが検知できるPITCH(音高)だけでなく、新たにDYNAMICS(音量)とBRIGHTNESS(音色の明るさ)を測定し、これら3要素をリアルタイムでメーターに表示。発音し終えると、さらに3要素のSTABILITY(安定度)をそれぞれグラフに表示し、自分の音が安定しているかどうかをひと目で確認することが可能です。

チューニングを含めた3つの要素から音を測定できるので、自分の音の何が足りないのか・どこをトレーニングするべきなのかを客観的にチェックして、練習に活かしていくことができます。

このTONE TRAINER機能は、コルグの新技術「ARTISTRY(アーティストリー)(※3)」に基づいています。スペイン/バルセロナにあるPompeu Fabra大学 Music Technology GroupのXavier Serra教授との共同研究/監修を得て独自に開発した、音の分析/評価技術です。
 


※1 TONE TRAINER機能は、WOODWINDS(木管楽器)、BRASS(金管楽器)、STRINGS(弦楽器)に対応しています。ギターのような撥弦楽器や、歌声には対応していません。
※2 チューナーとメトロノームの同時使用時、TONE TRAINER機能は使用できません。PITCHの測定のみのシンプルなチューニングを行いたい時は、メトロノームをオンにして下さい。
※3 Automatic Rating Technology for musical InSTRument plaYers=楽器演奏者のための自動評価技術。iOS用チューナー・アプリcortosiaで既に高い評価を得ています。

※※ コンタクト・マイクCM-200を取り付けてのTONE TRAINER機能使用時の注意点については こちらをご覧下さい。

「TM-50TRが完成したことは、コルグにとって偉大な成果と言えるでしょう。様々な楽器のサウンド・クオリティを測定するこの芸術的な音分析アルゴリズムを、このような手頃なデバイスの中に搭載することができたのですから。またそれは極めて重要な技術的進歩であり、今日の音楽家にとって非常に価値あるものだと私は確信しています。」

— Xavier Serra / Director of the Music Technology Group at the Pompeu Fabra University, Barcelona

基準音をスピーカーで出力できるサウンド・アウト機能。

メーターを目で見てチューニングする以外にも、本体スピーカーまたはイヤホンから基準音を発振(サウンド・アウト)することで、自分の耳だけを頼りにチューニングすることもできます。基準音はC3(130.81Hz)〜 C6(1046.50Hz)までの3オクターブから選択でき、様々な楽器に対応します。

入力音に近い基準音をスピーカーから返すサウンド・バック機能。

サウンド・アウト機能に加えて、より音感トレーニングに適した「サウンド・バック機能(※)」も搭載しています。チューナーに入力した自分の音に最も近い基準音をスピーカーから返すと同時に、入力音の音程をメーター表示するため、目と耳の両方で音程を確認でき、正確なチューニングが行えるのはもちろん、正しい音感を鍛えるためのツールとしても活用できます。

※ INPUT端子からの入力またはイヤホン使用時に有効になります。

リズム感をさらに強化するメトロノーム。

チューナーと同時に使用可能。

TM-50TRは、チューナー機能とメトロノーム機能を同時に使用できます。例えばメトロノームの音に合わせてリズム・トレーニングをしている時に、楽器のチューニングがずれていると感じたら、メトロノームを動かしたままチューナー機能をオンにすることが可能です。音感とリズム感、楽器演奏に欠かせない二つの要素を一度にトレーニングしましょう。

15種類のリズム・バリエーション。

メトロノームの拍子(BEAT)を、15種類の豊富なバリエーションの中から選択することができます。スタンダードな0~9拍子に加え、2連符、3連符、3連符中抜き、4連符、4連符中抜き(※)という高度なリズムを内蔵しているので、クラシックからロック、ジャズまで、幅広い楽曲のリズム練習に対応できます。

※ チューナーとメトロノームの同時使用時、または間欠メトロノームの使用時は、一部のリズムを設定できません。

トレーニングに最適な間欠メトロノーム機能。

例:BEAT(拍子)=4、PERIODIC(小節数)=2

TM-50TRは、リズム感をさらに鍛えるための「間欠メトロノーム(PERIODIC METRONOME)機能」を新搭載。これは指定した小節数ごとにメトロノームの発音と消音を繰り返す機能で、消音から発音に切り替わった時に、自分の演奏とメトロノームのタイミングのずれをチェックすることができます。発音/消音の周期は0〜4小節の範囲で設定(0は機能オフ)でき、きちんとリズム・キープできているかどうかの確認と練習に最適です。

多機能を詰め込んだコンパクトなボディ。

視認性を高めた大画面カラーLCDディスプレイ。

ディスプレイはさらに大きく、カラーで見やすくなりました。高輝度ホワイト・バックライトと鮮明なカラーVAメーターが、高いコントラストと広視野角を実現。ディスプレイ上部のLEDガイドと合わせて、暗いステージやオーケストラ・ピットでも視認性を損なうことなく使用できます。

選べる2色のカラー・ラインナップ。

メタリックで美しいシルバーと、高級感あるマットなブラックの2色のカラーを用意しました。コンパクトでスリムなボディには折りたたみ式のスタンドを搭載し、安定して自立させることもできます。

オート・パワー・オフ、メモリー・バックアップ機能。

電源の切り忘れによる電池の消耗を防ぐオート・パワー・オフ機能、電源を切っても設定を記憶しておくメモリー・バックアップ機能など、多彩な機能でトレーニングをサポートします。