0123456789
list icon
list icon

In-EarMetronome In-EarMetronome

Share

耳に直接フィット。個人練習に最適な
超小型のイン・イヤー・メトロノーム。

2002年に発売のマイクロ・メトロノームMM-1は、そのとびぬけて小さなサイズと、画期的な使用スタイルで非常に人気を博しました。そして今回、多数のユーザーの要望に応えてついにニュー・モデルをリリース。コンセプトはそのままに、あらゆる機能をアップデートしました。

In-EarMetronomeはイヤホンのように耳にはめて使用する、超小型のメトロノームです。周囲の音に埋もれてしまうことなく、メトロノーム音を耳元で直接聴けるので、楽器の個人練習に最適。様々なビート/リズム・バリエーションを選択でき、コンパクトながら充実したメトロノーム機能を備えています。テンポ調節もジョグ・スイッチでスムーズに、また独自の装着機構で耳にしっかりとホールドすることが可能です。

* その他、複数人で使用できるテンポ同期可能なSyncMetronome、ゴルフ練習に最適なStrokeRhythm、社交ダンス練習に最適なSyncDancingをラインナップ。それぞれの目的に合わせて最適なモデルをお選び頂けます。

  • リズムを耳元で直接聴いて楽器の練習が可能。
  • 豊富なビート/リズム・バリエーション。
  • ジョグ・スイッチでテンポを直感的に設定可能。
  • 様々な耳の形状にフィット。高いホールド感を実現。
  • 長時間駆動、メモリー・バックアップ機能。
  • イヤー・パッド、キャリング・ケースを付属。
  • ジョギング、ウォーキングのお供としても最適。

リズムを耳元で直接聴いて楽器の練習が可能。

* 耳以外への取付使用例

In-EarMetronomeは、耳に直接装着して使用する、ユニークなスタイルのメトロノームです。直にスピーカー部分が耳にフィットするので、あらゆる楽器の個人練習に便利なのはもちろんのこと、音量の大きな楽器に囲まれて練習を行う際にも、周囲の音に埋もれてしまうことなく、耳元で正確なリズムを聴いて練習することができます。

豊富なビート/リズム・バリエーション。

テンポの設定範囲は30〜252回/分と幅広く、さらに様々なビート/リズムのバリエーションを備えています。ビートは0〜9拍子、リズムは4分音符、2連符、3連符、3連符中抜き、3連符後抜き、4連符、4連符中抜き、4連符後抜きをそれぞれ設定可能。幅広い楽曲の練習をカバーします。

ジョグ・スイッチでテンポを直感的に設定可能。

In-EarMetronomeは、ボディの側面にジョグ・スイッチを装備し、耳に取り付けたままの状態で簡単に設定を変更することができます。ジョグ・スイッチではテンポ設定はもちろん、ビート、リズム、そして音量をセレクト可能。コンパクトながら直感性に優れた操作感を実現しました。またボディの内側には電源ボタン、モード切り替えボタン、そしてテンポなどを表示するLCDディスプレイを備えています。

様々な耳の形状にフィット。高いホールド感を実現。

耳は人によってそれぞれ異なる形状をしていますが、In-EarMetronomeは大小様々な耳に安定して装着できるよう、二つの特長的な機構を取り入れました。一つ目は、スピーカーの下から伸びるイヤー・フィッターです。耳孔の周りのくぼみにぴったりフィットし、しかも様々な耳の形状に対応するようスピーカーごと回転させて取り付け角度を微調整できます。また二つ目は、耳たぶにはさんで固定できる開閉式のイヤー・クリップ。使用中の急な衝撃や激しい運動にもびくともしない、高いホールド感を獲得しました。

長時間駆動、メモリー・バックアップ機能。

In-EarMetronomeは超小型サイズのボディながら、コイン形リチウム電池で約200時間の連続使用が可能。電源をオフにしてもテンポなどの設定を記憶しておくメモリー・バックアップ機能も搭載しています。またボディ外面のカバーを開閉することで容易に電池交換が可能になっています。

イヤー・パッド、キャリング・ケースを付属。

装着感を高める、クッション性に優れたスポンジ製のイヤー・パッドを付属しています(※)。またIn-EarMetronome本体、電池、イヤー・パッドのセットがぴったり収納できるキャリング・ケースも付属。様々な場所に携帯して手軽にリズム・トレーニングが可能です。

※ 紛失、または劣化してしまった場合は、汎用のイヤー・パッド(イヤホン直径16 mm)をご使用頂けます。

ジョギング、ウォーキングのお供としても最適。

In-EarMetronomeは楽器練習のほか、エクササイズ・ナビゲート・グッズとしても活用できます。例えば、ダイエット/シェイプアップを目的としたウォーキングの場合、70m/分以上の一定のスピードで20分以上歩くことが有効だと一般的に言われていますが、In-EarMetronomeを使用すれば、音に合わせることによりトレーニングの速度を一定に保つことが出来ます。ウォーキング、ジョギング、競歩などはもちろん、ウェイト・トレーニングやその他エクササイズの速度キープに便利です。