0123456789
list icon
list icon

iMS-20 for iPad

AppStore

Share

iPadのためのアナログ・シンセ・スタジオ。

1978年の発売以来、太くコシのあるサウンド、強烈なアナログ・フィルター、縦横無尽なパッチングが、そのルックスと相まって今なお愛好者が絶たない、2VCO / 2VCF / 1VCA / 2EG構成のモノフォニック・シンセサイザー「MS-20」。
iMS-20は、コルグ独自の電子回路モデリング・テクノロジー“CMT”を使い、あの独特の歪みを持ち自己発振するハイ・パス/ロー・パス・フィルターをはじめ、オリジナルMS-20の全てを完全再現しています。

  • iMS-20
  • iMS-20
  • iMS-20
  • iMS-20
  • iMS-20
  • iMS-20
  • iMS-20
  • iMS-20

iMS-20 - Introduction Movie

iMS-20 sings

  • パッチング可能なアナログ・シンセの名器「MS-20」を完全再現。
  • 16ステップ・アナログ・シーケンサーによるサウンド・コントロール。
  • モノ・シンセと6パート・ドラム・マシンによる音楽制作環境。
  • KAOSS PAD機能による感覚的な演奏とコントロール。
  • 音楽配信共有サイト「SoundCloud」でのオンライン楽曲の公開/共有。

16ステップ・アナログ・シーケンサーによるサウンド・コントロール。

MS-20 + SQ-10

MS-20 + SQ-10

iMS-20

iMS-20

同じくコルグは1978年に、MS-20の能力を拡張するアナログ・シーケンサー「SQ-10」を発売。
iMS-20は、このSQ-10をベースに再設計された16ステップ・アナログ・シーケンサーを装備しています。ノートやボリューム/パン・コントロール、シンセ/エフェクトのパラメータ・コントロールなど、オリジナルにはなかった使いやすい改良を施す一方、3チャンネルのボルテージ・コントロールや6種類のシーケンス・モードなどユニークな機能は健在。現代に蘇った新しいSQ-10とMS-20のパッチングにより無限の可能性を提供します。マルチタッチ・ディスプレイでアナログ・シーケンサーをオペレーションする、この新しい感覚から新しいフレーズが生まれることでしょう。

iMS-20

モノ・シンセと6パート・ドラム・マシンによる音楽制作環境。

iMS-20は、「KORG DS-10(ニンテンドーDS用ソフト)」のプロデューサーとして有名なDETUNE社の佐野電磁氏をコンセプターに迎え、音楽制作ツールとして仕上げられています。
上記MS-20+16ステップ・アナログ・シーケンサーに加え、6パート/16ステップのドラム・マシンを装備。各パートのステップ・ボタンを押すだけで簡単にリズム・パートが作成でき、ノートの音程や長さを調整してベース・パートやメロディー・パートとして使用することもできます。このドラム・マシンの各音色もMS-20を使用して作る徹底振り。 これらで作成したパターンは16個持つことができ、並べてソングにすることができます。MS-20とミキサーにエフェクトも搭載していますので、これ1台でクオリティの高い楽曲制作が可能です。

KAOSS PAD機能による感覚的な演奏とコントロール。

iMS-20

iMS-20は、コルグKAOSS PADシリーズでおなじみの、パッドを指で擦って演奏することで自在に音楽を生み出すKAOSS PAD機能を搭載。演奏用と各種パラメータ・コントロール用に2基用意しており、音楽ジャンル別に用意されたテンプレート・パターンを再生しながらKAOSS PAD上を指で擦っているだけで、誰にでもクールな音楽が作れます。そこには難しい音楽理論や楽器の演奏経験は不要で、自分の頭でイメージするまま、あるいは思いもよらない新しいフレーズが、指先から奏でられることでしょう。

音楽配信共有サイト「SoundCloud」でのオンライン楽曲の公開/共有。

SoundCloud

音楽制作者を中心に音楽配信共有サービスの定番となっている「SoundCloud」(http://soundcloud.com)。今回、ドイツSoundCloud社の協力を得て、iMS-20でエクスポートしたオーディオ・データとソング・データをオンライン公開/共有することができるようになりました。アプリ内からSoundCloudサーバーにアクセスでき、簡単にデータの公開/共有が行えます。
iMS-20は、自作の曲を発表したり、友人や世界の誰かと楽曲をコラボレーションするなど、音楽をより多くの人と楽しむための新しいプラットフォームを提供します。

※ SoundCloudにデータを公開するには、SoundCloudの登録アカウントが必要になります。2時間までをデータ・アップロードが可能な無料アカウントから、制限時間を拡張した有料アップグレードまで、様々なタイプのアカウントが用意されています。詳しくはSoundCloudのウェブサイトをご覧ください:http://soundcloud.com(英語のみ)
※ 第三者に著作権がある楽曲のアップロードの禁止など、SoundCloudの使用に際してはSoundCloud社の使用許諾に従ってください。

株式会社DETUNE:

KORG DS-10プロジェクトの中心メンバーである岡宮道生と佐野信義、そしてプロキオン・スタジオの光田康典の3人のミュージシャンが、音楽と新しいスタイルの音楽ツール・ソフト制作を目指して設立した会社。この12月にはニンテンドーDS用のミュージック・ワークステーション「KORG M01」を発売予定。
(公式サイトhttp://www.detune.co.jp

SoundCloud Ltd.:

ミュージシャンやクリエーターがウェブ上で作品を発表/共有/コラボレーションできる場として、2008年にAlexander LjungとEric Wahlforssが設立。SoundCloudは、簡単で使いやすく、大容量オーディオ・ファイルのアップロード、パブリック/プライベート共有、楽曲のウェブサイト/ブログへの埋め込み、アクセス解析、SNSなど、豊富な機能を提供している。
(公式サイトhttp://soundcloud.com

MEDIA

> Rittor Music Magazine Webに渡部高士による音源が掲載されました。(2013.09.14)
特集『触れるままに音とイメージが反応するiPad用シンセサイザー・アプリの快楽』 クリエイターが作成したサウンドを試聴! | 誌面連動 | サウンド&レコーディング・マガジン

> APPREVIEWにレビュー記事が掲載されました。(2012.10.30)
アナログシンセの銘機がiPadでよみがえる!「KORG iMS-20」後編|APPREVIEW

> APPREVIEWにレビュー記事が掲載されました。(2012.10.29)
アナログシンセの銘機がiPadでよみがえる!「KORG iMS-20」前編|APPREVIEW

> DTMステーションにレビュー記事が掲載されました。(2011.11.10)
即日App Store総合1位にランキングされたKORGのiPad用新音源、iMS-20 : 藤本健の“DTMステーション”

> Resident Advisorにレビュー記事が掲載されました。(2011.01.26)
RA Reviews: Korg - iMS20 (Tech)

> ITmediaにイベントレポート記事が掲載されました。(2010.12.27)
アナログシンセ×ボカロ:ライバル楽器メーカーのiPadアプリ呉越同舟ライブを見てきた@DOMMUNE - ITmedia ニュース

> 日経トレンディネットに開発者インタビュー記事が掲載されました。(2010.12.23)
App Storeで断トツ人気のシンセアプリ「KORG iMS-20 for iPad」は何がすごい? - 日経トレンディネット

> ITmediaに開発者インタビュー記事が掲載されました。(2010.12.20)
iPadでアナログシンセの名器復活!「iMS-20」開発チームに聞いてみた - ITmedia ニュース

最新の情報を入手しよう。

KORG appのニュースレターに登録して、KORG iMS-20関連の最新ニュースや情報を入手しましょう。

iMS-20

iMS-20 for iPadは、Apple社App Store(iTunes Store内)にてダウンロード販売中。